ドキュメント鑑賞☆自然信仰を取り戻せ!

テレビでドキュメントを見るのが好き!
1回見ただけでは忘れてしまいそうなので、ここにメモします。
地球環境を改善し、自然に感謝する心を皆で共有してゆきたいです。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
カスタム検索
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
<< 旅したいな7 | main | 空海 祈りの道 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | - |
Freemasons フリーメイソンの謎
世界で最も古い秘密の団体、フリーメイソン。
これまでの長い歴史の中で、世界征服を企んでいると疑われ、イギリス、フランス、アメリカで流血の革命をあおったとなじられ、悪魔を崇拝し、陰謀の資金源とするためにソロモン王の古代の宝を盗んだと非難されている。
しかしフリーメイソンは自らを、福祉活動に熱心で儀式を執り行うことによって結束を深めている親睦団体に過ぎない、と述べている。
フリーメイソンの真の姿とは?
彼らの秘密とは?


きょろきょろフリーメイソンの起源
起源の1つは、建築中の神殿が舞台となる。


紀元前1000年頃、聖書『列王記』に出てくるヤモメの子、Hiram Abiffは、ソロモン神殿建設時の棟梁とされている。
ソロモン神殿は、十戒が刻まれた石版を保管し、神を祀るために建てられた。
フリーメイソンの伝説によると、イスラエルのソロモン王は、その設計図を神から直に受け取ったという。
同時にHiramも神の秘策を知っていた。


建設中、Hiramの3人の部下は、石工技術の秘密を神からもらっていないことに嫉妬し、Hiramから聞き出そうと画策した。
3人は秘密の暗号の言葉があれば、Hiramが持っている秘策が手に入り、果ては魔法に変えられると信じていた。
毎日正午になると、Hiramは祈祷のために現場を離れた。
3人の男達は、神殿の3つの扉でそれぞれ待ち伏せた。


Hiramが東の扉に近付くと、男が呼びとめて秘密の言葉を求めた。
Hiramは「工事が終わったら教えてもらえる。」と答えた。
その秘密の言葉は、達成度合いによって与えられた。
石工職人は、徒弟職人の後、棟梁という言葉が与えられた。
男は逆上してHiramの喉を研いだ石で切りつけた。
Hiramが逃げると、南の扉にいた男が言葉を要求した。
ここでもHiramが断ると、男は直角定規で襲い掛かった。
よろめきながら西の扉へ向う。
ここでも脅されたが、やはり話さなかった。
その時決定的一撃をくらう。


死ぬ直前、Hiramは叫んだ。
「未亡人の息子を助けよ。」その言葉は仲間達に助けを求める時のフリーメイソンの合言葉になった。
秘密の言葉を守りぬいたHiramは、今やフリーメイソンでは英雄として敬われている。
Hiramは自由な石工職人、自由な建設者の代表。
宗教の自由、言論の自由など、現在尊重されている全ての自由を持つ人。
ただし自由な建設者は、常に3つの大きな敵に狙われている。
無知理性を失った状態抑圧

Hiramとソロモン神殿が存在した記録は聖書以外にほとんどない。
しかし世界中に15000あるフリーメイソンのLodgeそれぞれが、聖書のソロモン神殿の記述に則って設計されている。


会員はソロモン神殿に関連する象徴をつけた儀礼用衣装を身につけ、Lodgeの中にある礼拝堂で、Hiram Abiff殺害の儀式を行う。
儀式を受ける人は、この部屋でのことを決して口外せず、背いた場合は命を差し出すことを誓う。


その後Hiramの役を演じる。
3回なぐられて死ぬ場面を儀式的に行う。
その儀礼は秘密を守り、つながりを保つという忠誠心や誠実さを意味している。
Hiram役を2度生き返らせようとするが、うまくいかない。
そして3度目に成功する。
Hiram役は起き上がり、棟梁として生まれ変わる。
死からの復活は、魂が不滅であることを教えるもの。
それを知ることによって会員は、肉体的、知的に向上するだけでなく、奥義に通じるために自らの霊的な部分を高めてゆける。
死と復活はフリーメイソンの理念の柱。
会員はみな死から復活したことになっている。
儀礼は物語的だが、儀礼の体験はそれぞれの会員が心の内側に秘める個人的な秘密。



現在フリーメイソンの会員数は世界中で約300万人と言われている。
その多くが教育を受けた男性で、地域のリーダー的立場の者が多い。
Winston Churchill、Henry Ford、Duke Ellington、思想家Voltaire、Wolfgang Amadeus Mozartなど。
アメリカでは独立宣言の9人の署名者、George Washington、13人の歴代大統領などが会員。


しかしフリーメイソンに多くの権力者が集まったため、いくつかの陰謀説が噂された。
ダイアナ妃の死は、フリーメイソンのユダヤ人帝国主義者の陰謀だとインターネットにある。
それは違うと反論すると、まだ階級が低いから知らないのだと言われる。


フリーメイソンは設立直後から謎の団体として恐れられていた。
ヨーロッパが暗黒時代に入った時、数人の石工職人が秘密の技を手に入れて、荘厳な大聖堂を建てた。
それが秘密結社の下地となる。
フリーメイソンの起源の謎を解くカギの1つはある労働者集団の伝説の中にある。
中世時代、北ヨーロッパの石工職人達は、読み書きはできなくても切り出してきた石を荘厳な聖堂に変えていた。
石で造られた建物は、神と関わりあっていることを意味していた。
建築技術や知識は、幾何学天文学がもとになっていた。
信仰と建築は結びついていた。


石工職人は、魔法のような技を見せるので、中世ヨーロッパでは特別な存在だった。
仕事先へ向うため、国境を自由に越える権利を与えられていた。
その特権により、彼らは「自由な石工職人」と呼ばれるようになった。
新顔の職人は現場に来ると階級を示すため、責任者と握手をした。
石工の3つの階級、徒弟 (Entered Apprentice)、職人 (Fellow Craft)、棟梁(Master Mason)は手の握り方が違っていた。
フリーメイソンはこの石工職人の握手の仕方を採用している。
19世紀の書物にその秘密の握手法が記されている。
徒弟:親指で相手の人差し指の付け根の関節を上から押さえる。
職人:相手の人差し指と中指の付け根の関節を押さえる。
棟梁:相手の右手を手首まで深々と握り、相手の親指と組み合わせる。
これはライオンの握手法という。
握手法は労働組合の先駆けでもある中世の石工職人ギルドで考案された。


組合の精神は民主的で、石工達は裕福な棟梁から階級が最も低い徒弟までお互いを「兄弟」と呼び合った。
その平等の理念は、現在のフリーメイソンでは中世の時代の水準器に象徴されている。
英語の「Level」には水準器という意味もある。


中世の石工職人の道具は簡素であり、だからこそ特殊な能力を発揮できた。
スコットランドにあるJedburgh Abbeyの窓枠は、石工の棟梁がコンパスを何度か回転させながらデザインした。
石工職人は、縦横の分割比率1:√2を好んだ。
この比率をもとに、Jedburgh Abbeyの入口から祭壇までの長さが計算された。
この比率は見た目にバランスがよいだけではない。
神と結びつくために必要な神聖な比率だと受け止められていた。


幾何学は数学の一分野というだけではなく、神に続く確実な道だった。
現在石工職人が生み出した数学と神秘の混合はフリーメイソンに受け継がれている。
現在のフリーメイソンの中核には2つの異なる世界観が複雑に混じり合っている。
1.現在生きている私達が知らないことを過去に生きてきた人々は知っている、という神秘的でミステリアスな世界。
2.とてもシンプルで規則に則っていて基本的に数学的な世界。


中世の石工職人が生み出した正確な技術、神秘性、民主性はヨーロッパに新たに生まれた求心的な思想家達を引きつけた。
啓蒙主義の科学者、哲学者だ。
18世紀これら高貴な紳士達は、自由な石工職人達の後を継ぎ、世界的な勢力を作り出した。


イギリスではIsaac Newtonが教会の教えに背を向け、世界を理解するために科学理論に目を向けた。
この時代の科学の中心は、王立協会で、18世紀初めNewtonは協会の会長になった。
王立協会は彼らの経験に即した信仰体系、宇宙論、世界観を作り出そうとしていた。
Newtonは数学と観察だけを頼りに、物理の合理的な法則を打ち立てた。
神の存在を意識することなく、自然界の作用の謎を解いた。
しかしNewtonは法則の発見だけに満足していなかった。
Newtonとフリーメイソンは色々な知識を交換しあった。
数学や科学の知識を提供したNewtonは、古代世界と人間の起源についての知識をフリーメイソンから得た。


またNewtonは錬金術にも興味を持ち、賢者の石
(lapidis philosophorum)を作るために実験を重ねた。
賢者の石:病気を治し、心を癒し、寿命を延ばし、非金属を金に変える魔法の物質。
Newtonは聖書に記されたソロモン神殿の記述の中に、賢者の石を作るための秘策があるに違いないと考え、ソロモン神殿を図に表した。
その神殿の構造を平面に描くことによって、大きさを理解し、建物を想像したが、賢者の石は見つからなかった。


啓蒙思想は政治にも強い影響を与えた。
1649年裁判で専制君主Charles気僚莊が命じられた。
王制が廃止され、共和制がしかれた。
その知らせにルイ14世などヨーロッパのほかの絶対君主は危機を覚えた。


ヨーロッパ中の啓蒙思想が弾圧されたが、カトリック教会もその新しく力のある驚異に目を向けた。
もし科学に関わり、自由主義や人間主義を信仰し、教会と国から分離することを望んだ場合は、反対分子とみなされ、宗教裁判を受ける恐れがあった。
迫害を避けるため、啓蒙主義の人々は安全に会える場所を探した。
そこで見つけたのが石工職人ギルド
その民主性は啓蒙思想を一段と飛躍させるかのように思えた。
石工職人はこれらの紳士達が尊敬すべき人々に思えた。
18世紀のフリーメイソンのメンバーは、コーヒーハウスをLodgeの代りに使っていたと言われている。
そこから生み出されていた思想は、寛容兄弟愛平等主義で、当時としては斬新な考え方だった。


やがて石工職人はいなくなり、紳士達だけになり、1717年1月ロンドンのパブで、Newtonの友人Jean DesaguliersがFreemasons Grand Lodgeを設立。
Lodgeとは中世の建築現場で職人が飲食をした小屋のこと。


フリーメイソンは基本理念として、当時は求心的だった宗教の寛容を挙げている。
リーダーは民主的に選出したが、考え方は衝撃的だった。
自由な建築者Hiram Abiffの伝説を中核とし、道徳心を向上させ、社会を改善することを目的とする多くのシンボルを作り出した。
直角定規は「自分の行動を正せ」、コンパスは「感情を抑えよ」。
「G」の文字は幾何学Geometry、神Godの頭文字。
また宇宙の偉大なる建築士の頭文字。
会員は最高の存在を誰にしてもよいので、Gは宗教の自由を意味してる。


カトリック教会は、設立後すぐにフリーメイソンを非難した。
1738年教皇Clemens12世はフリーメイソンを攻撃する始めての大勅書を発令した。
カトリック教会は、フリーメイソンの拡大を食い止めるため、できる限りのことをしたが、フリーメイソンは新しい世界観を展開していたので、たちまち広まっていった。
まもなく民主革命が起こり、古い秩序は取り除かれた。
フリーメイソンはその中心に身を置いた。

フリーメイソンの歴史は、中世の石工職人に端を発するという説がある一方、約3000年前の古代の伝統が時を越えて中世のテンプル騎士団に受け継がれ、フリーメイソンが生まれたとする説がある。
現在フリーメイソンで行われている儀式はテンプル騎士団からきていると思われる。
騎士団はそれをキリスト時代のエルサレムの聖職者から教わった。


教皇の特別なキリストの兵士達は、十字軍遠征時に異教徒、特にイスラム教徒を大量虐殺した後、ヨーロッパで富と権力を築いた。
1118年キリスト教徒巡礼者の警備のため、聖地エルサレムへ向ったフランス人9人。
エルサレムに到着した一行は、Al-Aqsa Mosqueを拠点に活動することにした。
Al-Aqsa Mosqueはユダヤ教寺院の廃墟の真上に建てられていた。
言い伝えによるとその廃墟にはフリーメイソンにとって重要なソロモン神殿が建てられていたという。


テンプル騎士団は、自分達の馬をモスクの南東の高台の下にある「ソロモンの厩」につないでおくことにした。
騎士団はその場所を片付けることにしたが、大変な作業になった。
騎士団がその散らかった厩を選んだのは、埋蔵された宝を掘り起こすためだったと言われている。
ソロモンの黄金、古代ローマの略奪品、聖杯、そして古代ユダヤの宗教一派エッセネ派の失われた秘密など。
エッセネ派の儀礼の書には、ソロモン王のように人間が神と直接対話できる秘策が記されていたという。
死海文書に書かれていたその記述を、作家でフリーメイソン会員のChristopher Knightは「真の秘法」という。
秘密を見つけたとされるテンプル騎士団は、1127年ヨーロッパへ戻り、教会の支援を取り付けた。
その後すぐ1200人の騎士と20000人の家来を持つ組織に膨れ上がった。
活動の範囲も銀行業務、貿易、保安に広がり、10年もしない内にテンプル騎士団は有力な国際勢力になった。


テンプル騎士団は会合を夜間にのみ行うと規則に定めた。
数年後キリスト教のものではない不思議な儀式をしているという噂が流れた。
そうした儀式は、テンプル騎士団が発見した古文書に記されていたのではないかと言われている。
古代の宗教の礼拝を再現するために行われたそれらの儀式は、テンプル騎士団の結束を強めた。
そしてその後すぐ、石工職人と結束する手段として使われることになる。
テンプル騎士団は石工職人達を雇い、巨大建造物の建設に乗り出した。
シャルトル大聖堂、ノートルダム寺院などの建物だ。
テンプル騎士団は石工職人達を騎士団の下の階級に所属させ、互いの結束を強めるため秘密の儀式を行った。
その儀式は現在のフリーメイソンに受け継がれている、とChristopher Knightは言うが、その意味は失われているという。
フリーメイソンが秘密の雰囲気を持つようになったのは、彼らが行っている儀式のせいだが、彼らはその意味を分かっていない。


1307年10/13(金)フランス王は騎士団の財産を没収するため、1日でテンプルの騎士を全員逮捕する命令を下した。
教皇Clement垢蓮▲謄鵐廛襪鯣麁颪靴拭
逮捕の容疑は神への冒涜と異端、十字架に唾をはいた、猫や切断した人間の頭やBaphometを崇拝した、など。


偶像Baphometの意味は今でも謎のまま。
イスラムの預言者「ムハンマド(Muhammad)」の名をもじったという説や、ギリシャの言葉「知恵の洗礼(Baphe Metis)」からきていうという説もあるが、今でも悪魔信仰の偶像となっている。
テンプル騎士団の最大の容疑はキリストの神聖と十字架の力の否定だった。
テンプ津騎士団は否定はしていなかったのだが、残虐な拷問を受けた。
5年間に渡る裁判や処刑の後、1312年ローマ教皇はテンプル騎士団を解散させた。


騎士団はそのまま歴史から消えたのだろうか?
テンプルの騎士達はヨーロッパ全土に散らばり身を隠し、新しい秘密結社を作り騎士団の伝統を残した。
中には石工職人の組合に紛れ込み、各地を渡り歩いた者もいた。
Christopher Knightの説によると、テンプル騎士団の残党は、秘密の知識や巻物を持って、スコットランドにあるRosslyn Chapelsに行ったという。
フリーメイソンの儀礼の書に、ソロモン王がソロモン神殿の地下室で上級の司祭達と会う場面がある。
それと全く同じ空間がロスリンにもある。
礼拝堂には入念な彫刻が一面に施され、その量に圧倒される。
15世紀の貴族で地元石工職人ギルドの後援者だったWilliam St.Clairが建設した。(1446年)
彼の死から大分後に刻まれた碑文によると、テンプルの騎士がロスリンの所有権を主張している。
William St.Clairがテンプルの騎士だったことを証明する文章はない。
Rosslyn Chapelsを建てたのはテンプルの騎士達ではないが、騎士達がRosslyn Chapelsの近くに砦を設け、秘密結社として生き残ろうとしたことは確か。


テンプル騎士団との関係を探るために、毎年Rosslyn Chapelsに数1000人の人々が訪れている。
『ダヴィンチ・コード』に登場するからだ。


窓際にある彫刻、騎士が人と一緒に馬に乗っている。
馬に乗って人を後ろに乗せているのはテンプルの騎士を暗示している。
槍と十字架を持っているのは、まさにテンプル騎士団の像と言える。
Rosslyn Chapelsはソロモン神殿の複製で、テンプル騎士団の古代信仰が再開したことを、各地の騎士達に伝える合図という説があるが、Christopher Knightは異論を唱える。
なぜなら途中まで建てられた礼拝堂の西の壁は、エルサレムの嘆きの壁の複製であり、全体の設計についてはソロモン神殿の跡地に建てられたヘロデ神殿を基本にしていると思われるから。


徒弟に殺害された棟梁Hiram Abiffと似たような伝説がRosslyn Chapelsの「徒弟の柱」に秘められている。
ローマでこの上なく美しい柱を見たWilliam St.Clairは、そのレプリカを自分の礼拝堂にも欲しいと思い、石工の棟梁に同じ柱を造ってほしいと頼んだ。
棟梁はローマに行き、同じ柱を見てくることにした。
棟梁が留守の間、1人の徒弟が夢を見た。
美しい柱の造り方を教えられ、見事に完成する夢。
棟梁が戻ってこないので不安に思ったSt.Clairは、徒弟に柱の製作を頼み、できたのが↓。


ところが棟梁は戻ってきた。
その美しい柱を見た棟梁は嫉妬にかられ、小槌をつかんで徒弟の頭に振り下ろし、殺してしまった。
すると他の徒弟が皆で棟梁を攻撃し、その場で殺害した。
徒弟達はこの話を残すべきだと考え、礼拝堂の内部にこの話に関連する顔を掘った。
徒弟の顔の額の右上に大きな傷があるが、ここが小槌の当たった場所だと言われている。
そして反対側に、表情は消えつつあるが、石工の棟梁の顔がある。


他にもフリーメイソンに関連する彫刻がある。
独特のポーズはフリーメイソンの参入の儀礼で参入者がとる体を曲げたポーズと全く同じ。


またフリーメイソンの入会の儀式を受けている入会希望者を表す小さな彫刻もある。
フリーメイソンができるずっと前の彫刻で、入会に必要な縄を首にかけている。
儀式を執り行っているのは胸にテンプルの十字架をつけて、ヒゲを生やしたテンプルの騎士。
現代のフリーメイソンの入会の儀式とこの彫刻には、類似点がとても多い。


Christopher Knightの説を否定する学者がいる。
Rosslyn ChapelsはWilliam St.Clairがキリスト教、ケルト文化、民間伝承など、貴重な文化遺産を保存するために建てたものだという。
アメリカに生息する種のトウモロコシの彫刻。
コロンブスが大航海に出発する50年前に掘られた。
1500年頃の伝説によると、William St.Clairの祖父ヘンリー卿は、テンプルの岸として新世界へ遠征隊を導き、トウモロコシを持ち帰って孫に渡した、とされている。
新世界にしか生息しないミヤコ草の仲間、Prairie trefoilの彫刻もある。



テンプル騎士団がアメリカに存在したことは、状況から判断されているに過ぎず、研究者は認めていない。
しかしアメリカでのテンプル騎士団が後にフリーメイソンに生まれ変わったとする説がある。
古代のユダヤ人聖職者達が心の中に抱いていた平等と自由の思想を基盤に、フリーメイソンの会員達は、自由が保障された新しいユートピアを造った。
Benjamin Franklin、George Washington、Paul Revereなど、フリーメイソンの会員はみなアメリカ独立で重要な役割を果たした。
そのためアメリカの独立はフリーメイソンの陰謀ではないかという噂が流れた。

きょろきょろアメリカにおけるフリーメイソンの真実
アメリカ合衆国の首都ワシントンDCは、美しい都市としていられている。
近年かつて取沙汰されたある疑いが再び嵐のように世間に渦巻いている。
それはアメリカがフリーメイソンに操られているという噂。
フリーメイソンを象徴するシンボルは、私達がよく見る景色の中に、ひっそりとあちこちにある。
その1つがフリーメイソンのLodgeで見かけるコンパスと直角定規のシンボル。
中央の「G」は神を意味する宇宙の偉大な建築士のこと。
他のシンボルは目立たない所にある。
ドル紙幣には秘密の暗号が記されている。
それはアメリカ征服計画は上手くいっている事を意味するという。
しかし研究者はその説を否定している。


物語はイギリスで始まる。
どのような経過を辿ったかは不明だが、18席中世の自由な石工職人は野心を持った貴族達によて全く別の組織に変わっていた。
この新しいフリーメイソンは、科学、理性、平等、言論の自由が混ざった啓蒙思想の秘密の会を作り出そうとしていた。
フリーメイソンを知性と科学的知識の貯蔵庫として捉えるのは重要なこと。
なぜならその当時教会が支配権を握っていたので、フリーメイソンは秘密結社として活動しなければならなかった。

1730年代後半、ローマ教皇は勅書を発令し、ローマカトリック教徒がその親睦団体に入ることを禁じた。
なぜならフリーメイソンは異なる宗教間のバリアを打ち破って区別をなくそうとしていたから。
フリーメイソンは未来を期待させる新世界観を展開していたので、たちまち広まっていった。
フランスの思想家Voltaire、フリーメイソンのために『魔笛』を作曲したWolfgang Amadeus Mozartも会員だった。
Adam Smith、David Humeなどアメリカ独立に影響を与えた人も会員だった。
Benjamin Franklinはフリーメイソンに入会した最初のアメリカ人の1人。
1731年フィラデルフィアで奇妙な入会儀式に臨んだ。
フリーメイソンで行われている儀式は、古代ユダヤの伝説をもとにしている。
3000年前のソロモン王の頃のものだ。
死と復活はフリーメイソンの理念の柱。
会員は皆死から復活したことになっている。
フリーメイソンの秘密主義とどの宗教の信者でも受け入れる理念が、疑惑を増幅させている。
1730年代、アメリカではフリーメイソンの存在が大変話題になった。
フリーメイソンは宗派の区別なく入会させていたので、多くの人々に衝撃を与えた。

フリーメイソンは植民地全体に広がり、1770年代になると独立の気運が高まり会員のPaul Revereなどが活躍した。
ボストン茶会事件は、アメリカの独立運動を起こすキッカケとなった事件。
これにもフリーメイソンが深く関わっている。


ボストンにはGreen Dragon Tavernという酒場があった。
フリーメイソンの会合場所で、茶会事件の打ち合わせが何度も行われた。
当時のGreen Dragon Tavernの絵に「A planning site for the Boston Tea Party(我々はここで計画した)」と書かれている。
同じLodgeにPaul Revere、John Hancock、Joseph Warrenがいた。
皆リベラル派。


アメリカの独立運動は確実にフリーメイソンの影響を受ける。
Thomas Jeffersonが起草した独立宣言の文案に、会員のBenjamin Franklinが変更を求めた。
「我々は神聖で否定できない真理として…」この「神聖」という言葉が気になった。
進んだ啓蒙思想を抱いていたFranklinは、アメリカは信仰ではなく理性で結束すべきだと考えていた。
そこでより相応しい「自明の」と言う言葉を使った。
「自明の理念として全ての人々は平等である。」
独立宣言は初期のフリーメイソンと同じく啓蒙思想に基づいていた。
基本となった世界観は今尚神は存在しているが、宗教で人々を区別することはしないという思想。
独立宣言では、神の摂理については語っているが、神そのものについては語っていない。
人間の信仰やよい行いを実践することの重要性、寛容、進歩、社会を変えるために結束する必要性について語っている。


独立宣言に署名した56人の内、9人はフリーメイソンだった。
その中には裁判所の判事John Hancockもいたが、最も重要なフリーメイソン会員はGeorge Washington。
独立戦争が行われいる間、Washington将軍は寄せ集めの陸軍を一大戦力に変えるために努力していた。
野営地にフリーメイソンのLodgeを設けたが、そこは議論の場となり、アメリカらしさが形作られることになった。


初め陸軍は劣勢に甘んじていたが、Washingtonは多くの軍事物資と人材を集めなければ独立戦争に勝てないと案じた。
そこでWashingtonのフリーメイソン仲間Benjamin Franklinがその課題を引きうけ、フランス国王に援軍を頼んだ。
Benjamin Franklinはフリーメイソンの活動に積極的だった。
パリのLoge des Neuf Soeurs(Lodge of Nine Sisters)で思想家Voltaireの入会の儀礼を執り行ったのはBenjamin Franklinだった。
フリーメイソンのネットワークを使い、有能な将軍や将校をヨーロッパ中から集めることができた。
彼らもまた独立をかけて戦うアメリカに、進んで協力を申し出たが、それはフリーメイソンの理念の1つだったから。
フリーメイソン会員のドイツ人男爵、プロイセンで実戦経験を積んだVon Steubenは、険しいValley ForgeでWashingtonの部隊を先導した。
彼はヨーロッパから到着したばかりであったが、休むことなく兵士達を鍛え上げ怒鳴りつけて有効な軍隊に変えた。
シュトイベンの力強いやり方で日々激しい訓練が行われ兵士達に新たな自信を植え付け、完遂能力を与えた。
同じくフリーメイソンのMarquis de Lafayetteはヨークタウンでイギリス軍を抑え、アメリカ軍に勝利をもたらした。
フリーメイソンのリーダーシップがなかったら、独立戦争には勝てなかっただろう。


1789年WashingtonはフリーメイソンのLodgeから借りてきた聖書を使って大統領就任の宣誓をした。
フリーメイソンは新しい国造りに加わるチャンスを与えられた。
Washingtonは首都の設計に乗り出した。
1791年夏、独立戦争の退役軍人Pierre Charles L'Enfant少佐を町の設計士として雇った。
L'EnfantはWashingtonから1つの条件を頼まれた。
1辺の長さが16卍甘戮寮喫形になるよう町を造ることだった。
新しい町は科学的、幾何学的に設計された。
重要なメッセージを送るためだ。
それまでの古い社会では、国民をまとめるために主に宗教の力に頼っていた。
新しくできた社会のもとでは、国民をまとめるために主に理論、科学、幾何学に頼ることになった。
多くの人々が町の設計に加わった。
Thomas Jeffersonは基本的な街路計画を作った。
L'Enfantはその上に中心点の連邦議会議事堂から放射状に伸びる街路を加えた。
フリーメイソンの会員ではない人も多かったが、町の設計はフリーメイソンらしさが存分に繁栄されるものとなった。
町の設計や建物には、現在のフリーメイソンで使われているシンボルが見られる。
3の概念の三角、4の概念の四角。
フリーメイソンは基本、三位階、クラフトの位階の参入儀礼で多くのシンボルを使った。
18世紀のフリーメイソンの会員は、シンボルには心の奥底の深層心理や複雑な政治的理念を伝える偉大な力があると気付いた。


フリーメイソン会員のAkram Eliasは、暗号化されたシンボルを最初にWashingtonDCに組み込んだのはGeorge Washingtonで、その後も町にはフリーメイソンのシンボルや図形が取り入れられているという。
コンパスの上の連結部分を連邦議会議事堂に置くと、片方の足はホワイトハウスに延びる。
もう片方はジェファーソン記念堂に行く。
直角定規はリンカーン記念堂からホワイトハウスとジェファーソン記念堂に延びる。
このコンパスと定規の構造を完成させるために、ジェファーソン記念堂を建てる必要があった。
そこは川だったが1933〜1939年まで6年かけ埋め立てられ、ルーズベルト大統領が記念堂を建てた。
反対意見もある。
四角の模様の上に、放射線状の線を重ねたら、どこかに必ずコンパスと直角定規のように見える部分ができる。


町の設計が決まり、作業が進む中、国民は首都の建設を心から祝った。
フリーメイソンは中心的役割を演じた。
1793年連邦議事堂の礎石を置く儀式が行われた。
George Washingtonはフリーメイソンの正装をしてフリーメイソンの儀式を行った。
そのときトウモロコシ、ワイン、オイルを使った。
トウモロコシは豊穣と繁栄の象徴、オイルは平和の象徴、ワインは幸福の象徴。
Thomas Jeffersonは議事堂のことを、国民に初めて捧げられた神殿であると言った。


大統領の所属を公にしたことにより、フリーメイソンは勢力を拡大し、国内で会員を増やし、影響力を強めていった。
「どういうことだ、どっちを見てもフリーメイソンだらけだ。
この人たちは国を乗っ取ろうというのか?
何かの陰謀でも企んでいるのか?」という噂が聞かれるようになった。

18世紀末フランス革命がロペス・ピエールの恐怖政治の時代に入ると、数1000人の反対派がギロチン台に送られた。
1798年アメリカで衝撃的な本が出版された。
フランス革命をその後の恐怖政治を実行したのはフリーメイソンと関わりのある小さな悪魔崇拝の団体Illuminatiであると書いた本。
Illuminatiは1776年ドイツのバイエルンで誕生し、一気に人気を高めた。
各地で革命を先導しようとしながら密かにヨーロッパ中に広まっていった。
George Washingtonはフリーメイソンの評判が落ちたら政府も崩壊しかねないと懸念した。
Washingtonはフリーメイソンの会員の名士達から「会員ではない、と宣言してほしい。」という内容の手紙を受け取った。
それに対し「今も昔もIlluminatiとは無関係だ。」と答えただけだった。
Illuminatiが敬遠されていたのは、善良な団体とは思えない過去があったから。
公開裁判や追放などにより、設立後10年にも満たない1785年に解散したが、フリーメイソンはIlluminatiとの関りを断ち切れずにいた。

疑惑が高まる一方1820年代になるとフリーメイソンは小さな町の住人や州の議員を含め全国に広がった。
そして会員のJames Monroeが大統領に選ばれた。
参入儀礼はフリーメイソンにとって重要。
その不思議な儀式は数1000年前の伝統に則っている。
フリーメイソンの会員は、全員それを体験し、死んでも秘密を明かさないことを誓う。
1826年その誓いを破った者がいた。
ニューヨーク州西部のBataviaに住んでいた元フリーメイソンのWilliam Morganが、フリーメイソンの儀礼の全てを書いた本を出版すると発表した。
その直後、泥酔したMorganは、2ドル60セントの借金を返さないという些細な容疑で逮捕された。
その地方にいた会員達は、印刷所を燃やし、出版をやめさせようとしたが、結局Morganを刑務所から連れ出して馬車に乗せ、闇の中に消えた。
Morganが姿を現すことは二度となかった。
Morganは殺されたという人もいるが、カナダへ送られたという人もいる。
地元の4人のフリーメイソンの会員が、誘拐の容疑で逮捕された。
保安官がフリーメイソンだったので、有利な陪審員が選ばれ、フリーメイソンのネットワークを使って目撃者を他の地域に移したりしていた。
被告人に軽い刑が言い渡されたので、大衆から抗議の声があがった。
有力なニューヨーク州知事DeWitt Clintonはフリーメイソンとの共謀を疑われた。
世論は逮捕された地元の4人だけでなく、フリーメイソン全ての会員が殺人で有罪だと騒ぎ立てた。


その時からフリーメイソンへの見方が変わった。
それまではアメリカのために正しい事をしている団体だと思われていたが、アメリカにとってよくない団体になった。
フリーメイソンは危険で恐ろしく、社会の平等を主張しているのに内部は細かく階級に分かれているということが分かった。
Lodgeには王がいて、高位の司祭がいて、尊敬すべき棟梁がいた。
1831年大統領選挙戦が始まる頃になると、反フリーメイソンの動きが高まり、強力な政治勢力になった。
アメリカの政党の1/3が反フリーメイソンだった。
何かに対抗するために反フリーメイソン党を作った。
1832年大統領選では、民主党でフリーメイソンのAndrew Jacksonが当選したが手遅れだった。
小さな町の宣教師は、フリーメイソンに非難の言葉を浴びせた。
神への冒涜者、無心論者と呼び、フリーメイソンをやめようとしない者を追い出した。
ニューイングランドの学校ではフリーメイソンの子供達を教室に入れなかった。
女性グループは全員が男性のLodge内での不自然な行動について警告文を出した。
VermontやMichiganのGrand Lodgeは閉鎖され、ニューヨークやニューイングランドでは建物が破壊された。
フリーメイソンはMorgan事件をキッカケに徐々に姿を消していった。
フリーメイソンは自分達の影響力を自慢することのない、おとなしい親睦団体になっていたが、1860年代に入る頃、再び急速に成長した。


Albert Pikeはフリーメイソンの姿を変貌させ、数々の陰謀説を生み出す要因を作った。
Pikeは人種偏見と悪魔崇拝を噂され、フリーメイソンの幹部達にアメリカ征服を指示したという陰謀の首謀者として注目された。
体重130kg、身長180cmで、魔術師マーリーに憧れてた。
ルネサンス的教養人だった。


彼が成し遂げた大きな仕事の1つは儀礼を書き直したこと。
倫理的で道徳的な教訓を教える寓話的な儀礼。
彼が書いたのは大作『フリーメイソンの古式公認スコットランド儀礼における道徳と教義(Morals and Dogma of the Ancient and Accepted Scottish Rite of Freemasonry)』。
古代の哲学、宗教、その他色々な秘密の儀式について解いた。
キリスト教や古典の題材同様、ドルイド卿やグノーシスについても語った。
Pikeは古代の宗教、占星術、神話や伝説を組み合わせ、新たに33の手の込んだ参入儀礼を作り出した。
それら33の段階に分かれた奇妙な儀礼と階級は、フリーメイソンの真実を理解するカギになると言われている。


陰謀説を唱える人々は、上位の階級の会員は陰謀の真実を知らされていたが、下の会員には知らされていなかったと言う。
なぜならPike自身が騙しを語っているから。
「下の三位階の参入儀礼は神殿の外際で行われる。
シンボルの一部をそこに飾るが、参入者は意図的に誤った解釈によって導かれる。
真の解釈は高位の王子達のみぞ知る。」
高い階級の会員が低い階級の会員に情報を教えないでおくという説は、文脈から判断されたもの。
それは道徳と教義のテンプルの伝説を再現した儀礼。
Kadoshの騎士に見られるテンプル騎士団は、十字軍に参加した後、時の教皇とフランス王に追放された。
Pikeは教皇と王を危険だとみなし、Kadoshの騎士が権力の乱用をフリーメイソンに警告する役割を持つと位置づけた。
また儀式を神秘的なものとして保つため、当時は下級会員に意味を教えていなかったと信じていた。
南北戦争時、南軍の准将だったPikeとクラックスクラン(KKK:Ku Klux Klan アメリカの秘密結社、白人至上主義団体)との関わりも謎。
Pikeは1868年新聞の社説に「Ku Klux Klanは結束が弱いので、たいしたことはしないだろう。」と書いた。
そして別の秘密結社について述べた。
「我々は黒人の投票権に反対する南部の白人を全員まとめて強大な南部友愛会を組織し、その存在は会員のみ知ることとする。」


Pikeは最高位の第33階級、最高大総監になった。
会員の紹介のみで入会できる彼の団体は、今でも南部に存在している。
第33階級の会員には、Harry Truman大統領、MacArthur将軍、FBI長官、John Edgar Hooverがいた。
その誰もが陰謀の疑いをかけられたが証拠はなく、結局権力を維持することができた。

フリーメイソンへの疑惑で最たるものは悪魔崇拝。
その要因はPikeが書いた861ページに及ぶ著作『道徳と教義』の中に見られる。
Lucifer、明けの明星よ、光を運ぶのはあなたか。
その耐え難きほどの輝きは意志が弱く官能主義や利己主義な魂の目をくらませる。」
明けの明星は金星のことで、ラテン語でLucifer。
朝日が出る前に空に上るので、光を運ぶもの、光を持ってくるという意味。
Luciferは悪魔やサタンを意味する文献もある。
その意味で解釈すると、Pikeはサタンを礼賛し、賛美していることになるが、彼はそう定義したつもりはなかった。
Luciferの文章を、1890年代にフリーメイソンをペンで攻撃したフランス人作家Leo Taxilは笑いものにした。
1897年Pikeを悪魔崇拝者として非難したことはすべてでっちあげだったと発表したが、噂は拭い去れなかった。
陰謀説に熱心な人は、WashingtonDCの町に悪魔が描かれていると主張している。
WashingtonDCの町の中に五芒星(Pentagram)の図柄が組み込まれていて、2つの角を上に置いてみるとその星の下にサタンの顔があるという。


20世紀に入ると、フリーメイソンはアメリカにすっかり溶け込んでいた。
1915年には、ホワイトハウスから13区画離れた場所に神殿の館が完成した。
階級の数と同じ33段の階段の上に、未完成の13段のピラミッドがそびえ立つ。
それは1ドル紙幣の裏に印刷されたものと同じ形。


長い間アメリカ人は1ドル紙幣にフリーメイソンの秘密が隠されていると憶測してきた。
図柄の周りに六角形を置くと、角が「MASON」の綴りにあたる。
1776年はバイエルンでIlluminatiが誕生した年。
目と未完成のピラミッドは、フリーメイソンが世界を牛耳っていることを意味すると言われている。


1ドル紙幣のデザインは、アメリカの国の紋章に由来している。
表にはハクトウワシが描かれ、裏にはミステリアスはピラミッドと万物を見る目が描かれている。


国の紋章を決めるため、1776年7/4独立宣言と同じ日に、委員会が設置された。
委員会は4つに分かれ、6年かけて別々に図案を練った。
デザインに関わったフリーメイソン会員はBenjamin Franklinだけ。
彼はモーゼが紅海の岸辺に立って、水を二手に分け、片方にはイスラエルの子供達が、もう片方にはファラオと軍がいるデザインを発案した。


最終的なデザインは、1782年議会で承認された。
建国の父達はみなフリーメイソンだったので、紋章の図柄はその伝統と新国家の夢が反映された。
最初に決まったのはフリーメイソンと建国の父のシンボル、未完成のピラミッド。
国務省の説明によると未完成のピラミッドは、「私達はまだ自分達の国を完成していない。
一生懸命建設中だ。」という意味。
ピラミッドは見慣れた図案だが、光を放っている目は珍しい。
古代エジプト時代に生まれた神の目は、ルネサンス期になると全ての創造物を見る目となり、その図柄はキリスト教の一般的なシンボルになった。
フリーメイソンも万物を見る目(All-Seeing Eye)を採用したが、それは国の紋章に登場してから14年後。
万物を見る目は彼らにとって、特定の宗教に頼ることなく神の存在を認める手段だった。



ことさら議論を呼んでいるデザインは、ラテン語の一説「NOVUS ORDO SECLORUM」。
発案者でフリーメイソン会員ではないCharles Thompsonが2000年前のラテン語の詩から引用した。「SAECLORUM NASCITUR ORDO」
意味はアメリカ建国の夜明けを示す新しい時代の秩序。「New Order Of The Ages」
この言葉はフリーメイソンには直接関係ない。
この言葉には誤解が生まれた。
宗教をなくすことに重点をおいた新しい非宗教的な国の建設と思われた。
これを見た人からフリーメイソンは、独立運動の目的のポイントをはずしてるのではないか、と勘違いされた。


建国の父達の理念は、民主主義の町として建てられたWashingtonDCで形になった。
1979年あるフランス人作家が新しい説を発表した。
「建国の父だったフリーメイソンの会員は、WashingtonDCに秘密の暗号を組み入れた。
町全体をある女神を祀る巨大な祭壇にした。」
彼の理論はワシントン記念塔(Washington Monument)、連邦議事堂(U.S.Capitol)、ホワイトハウスを結ぶFederal Triangleから始まる。

彼が次に目を向けたのは夜空に浮かぶ星。
毎年8/10〜8/15までの日没直後からFederal Triangleの上で3つの星が明るく光る。
ウシカイ座の星Arcturas、シシ座の星Regalus、オトメ座の星Spica。
Arcturasはワシントン記念塔の上に、Regalusはホワイトハウスの上に、Spicaは議事堂の上に出る。
町で最も重要な地域の上にトライアングルが浮かぶ。
その中に現れるのはオトメ座の処女神アテナ。


星と建物が毎年そろうのは単なる偶然かもしれないが、フリーメイソンのGeorge Washingtonが古代の宗教儀礼に倣って意図的に配列したかもしれない。
オトメ座に関する歴史を遡ると、まずキリスト教の聖母マリア、さらに遡るとギリシャ神話の女神ミネルバ、古代エジプトの女神イシスがいる。
町を女神と関連付けたかったのは、その女神から神聖な慈悲の心を得たいという気持ちがあったからだと思われる。




星座説をほのめかす裏付がある。
アメリカ初代大統領George Washingtonを描いた絵。
Washingtonの息子がフリーメイソンのシンボル、コンパスを持ち、Washingtonと妻と娘がWashingtonDCの地図を広げてどこかを指している。
それを結ぶと三角形になるが、場所は特定できていない。


Albert Pikeはオトメ座を含んだ星座の絵を、フリーメイソンの各Lodgeの天井に貼るよう指示している。
19世紀には棟梁に付き添われた乙女の絵がいくつも描かれた。
中にはオトメ座の星座記号が明記されているものもある。
WashingtonDCの町ではオトメ座の図柄をいくつも見かける。
星座がデザインされている場所は53ヶ所。


大統領でフリーメイソン会員のJames Abram Garfieldの彫像にもオトメ座の図柄が刻まれている。
しかしフリーメイソンの多くの謎と同じく、オトメ座についての理論も全て証明できているわけではない。
フリーメイソンは革命運動の最初の日からずっとアメリカの独立、平等、友愛の精神の実現化に努めてきた。
その一方長年秘密を持ち続けてきたため、これからも謎の集団と呼ばれてゆくだろう。



↑THE FELLOWCRAFT DEGREE SOME THOUGHTS FOR CONSIDERATION
Masonic thinkers often point out that the three degrees of Ancient Craft Masonry (The Entered Apprentice, The Fellowcraft, and The Master Mason Degrees) can be associated with man's passage through life his youth, his adulthood, and his fully mature years. In such a view, the Fellowcraft represents adulthood.
1. Does adulthood mean having lived through a certain number of years or does it represent a condition in which a man has become acquainted with the realities, the responsibilities, the disillusionments, and the rewarding challenges of life? A Fellowcraft, as our ritual describes him, is a hewer in the mountains a man laboring in the midst of life and being put to the test of whether he shall be proven adequate. As an adult his life is in the balance. Will he find in life's experience a joy and reward or defeat and drudgery?
2. Experience and education are two important contributors to the state of adulthood. Through his senses and contact with life around him, man learns the lessons of experience. Through education, a man's awareness and understanding are greatly extended by means of the experience of others. A Fellowcraft will recall that both experience and education are principal concerns in the Fellowcraft Degree, and that there is a third concern toward which the progress of that degree continually travels that concern is the quest for wisdom.
3. Experience brings us into direct contact with life; education expands our knowledge and competencies, but there is a greater and essential element. To make meaningful the varied experiences which come our way, to see ourselves and others in a fair perspective, to feel that our lives have a meaning associated with that which is far greater than ourselves involves wisdom.
4. If a man is to acquire wisdom, it is by a winding and upward climb and arduous progress involving caring and sacrifices, knowledge and understanding, faith and communion.
5. In adulthood it will be made evident whether or not a man has discovered for himself that "pass" which will admit him into the Middle Chamber where dwells the source of wisdom and universal meaning and there he will receive the wages of joy and fulfillment.



1. The badge of a mason
2. The working tools of a Fellowcraft.
3. The ornaments of a lodge.
4. State of perfection and state of imperfection.
5. Symbolizing the advance of architecture through history.
6. The immortality of the soul.
7. Symbol associated with the spreading of brotherly love.
8. The working tools of an Entered Apprentice.
9. The working tool especially associated with a Master Mason.
10. Symbol associated with faith, hope and charity.
11. Symbol of human life (may be more than one)~
12. Symbol of a wise division of time.
13. An instrument which symbolizes equality.
14. Symbol of the lesser lights.
15. Symbol of the pure heart.
16. A symbol which teaches morality and right actions.
17. A symbol of a mason's devotion to the arts and sciences.
18. Two objects represented by the lesser lights.
19. A symbol of youth, manhood and age.
20. A tool closely associated with the Craft but not a working tool.
21. Symbol of rectitude.
22. A symbol which teaches us to circumscribe our desires.
23. A symbol of circumspection and watchfulness.
24. A symbol of innocence.
25. An instrument which can be used to prove a square.
26. Symbol of those designs and plans by which a mason should live.
27. Symbol of Divine Providence (may be a symbol within a symbol).
28. Emblem of industry and of taking one's part.
29. Symbol associated with the bounds of a mason's obligation.
30. A symbol of plenty.
31. Symbol associated with ancient branches of learning (may be a symbol within a symbol).
32. Jewel of a master of a lodge.
33. Symbol of time as well as of death.
34. Symbol associated with a genius and master of geometry.
35. Symbol which includes the fact of good and evil in life.
36. The Great Light of Freemasonry (in our jurisdiction).
37. The jewel of a junior warden.
38. Symbol of the human senses (may be a symbol within a symbol).
39. A symbol associated with violence and death.
40. Symbol associated with the universality of Masonry (may be a symbol within a symbol).
41. Symbol of strength.
42. Symbol involved with the inevitability of divine justice:
43. Symbol of a well spent life.
44. Symbol representing an individual brother (may be a symbol within a symbol).
The jewel of the senior warden.



"Magic lantern" was the name given to the forerunner of the modern slide-projector, and during the nineteenth century and early twentieth century, every local post of any fraternal lodge worth its salt, from the Masons and Odd Fellows to the Knights of Pythias, owned a magic lantern and a collection of glass magic-lantern slides. The slides were used in initiatory rites and for general instruction. A complete set of Masonic slides, including those relevant to Scottish Rite, York Rite and Eastern Star and all the related appendant bodies would number well over 500 slides.
| poyo | 思考 | comments(36) | trackbacks(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | - |
(2009/03/31 5:49 PM)

長老の戒め

イルミナティの創設者アダム・ヴァイスハウプトは、臨終に集まった弟子たちに、ため息まじりにこう語ったそうです。「我々の理想を歪め、世間に悪評をばらまき、世のあらゆる陰謀をイルミナティになすりつけようとする黒魔術集団がある。注意するのだ… 闇のイルミナティに!」

死海文書には、まだ公開されていない部分があるそうです。

poyo (2009/04/02 12:55 PM)
コメントありがとうございます。
正義とは何かといわれれば、説明はできませんし、皆の思想が正しいかは分かりませんが、いろんな事を考える人がいるものですね。
Ku_uu (2009/04/04 10:35 PM)
ヘルメスの杖、善と悪を交互にからめて時代を造る
錬金術の奥義です。ロス、ロックなどは集金係りの番頭ですw。約26000年の周期は陽と陰で分けられます。ピラミッド建設年代の13000年前から現在までは月が支配する陰の時代。暗い時代は周期的に訪れます。ノアの洪水が約5200年前、突然にはじまった世界四大文明は、高地で災害を逃れた者たちが再建した文明です。縄文や弥生は災害の復興時代です。聖徳太子は日本の復興を急ぐ目的でカバラの奥義をエジプトから逆輸入しました。とても美しいHPですね。大変勉強になります。ありがとうございました。私たちは未来の世代からこの地球を預かっている・・・・・これからは太陽の時代です。
poyo (2009/04/05 6:40 AM)
私のブログは、テレビで見て勉強になったことを書き留めておこうとするものです。
自分の意見なども書けたらよいのですが・・・
だからあなたのように知識がある人に読んでもらえ、意見を頂き、嬉しいです。
こちらこそ、ありがとうございます。
様々な信仰がありますが、何かを敬い思いやりながら生きてゆくことは大切ですね。
Ku_uu (2009/04/05 2:35 PM)
私が信じるものは真理、真理は自分で探すもの。

あなたにステキなシンクロニシティーがおこりますように・・・ 祈

 谷深ければ、山高し

http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200904032103&photo=zoom

poyo (2009/04/06 6:50 AM)
私は今という時間を無駄にしているような生き方をしています。
だからこうしてブログというか、テレビメモ?を書いて、自分に充実感を与えようとしているのです。
でもこうしてメッセージをもらえ、何か素晴らしいものにつながってゆくと良いなと思いました。
Synchronicitという言葉、意味を調べてしまいました…
Ku_uu (2009/04/06 3:34 PM)
「図書館の天使」とも言いますね。図書館で探していた本が偶然見つかる・・・・・・
偶然に見つかったような気がしますが、魂のエネルギーが引き寄せているのかも?

私的真理は、手に入れたとたんに新たな疑問を生み、真理ではなくなってしまいますw
生きている間、ずっーーと探し求めるものが真理=神なのかも知れませんね
はてまた人間は、サイムルグに会うために、必死で飛んでいる鳥なのかも知れません。

黙示録や錬金術、その他、先人たちが残してくれた書物には「天上の言語」が使われてます。
「ヴェルブム・デミスム」、「鳥たちの言葉」、「神々の言葉」、「二重の言葉」・・・・etc
メーソンやロッジが必死に探している宝物です。

この言語は、ある文章に対して、全くちがった解釈がなされるという、不思議な言葉です。
聖書の解釈により、人を殺すこともできれば、人を助けることもできる所以です

この言語は、先人たちからの「豚に真珠を与えるな・・・」という警句により、巧妙に隠されてきました。
大聖堂のレリーフや絵画、般若心経、五重塔や「未来記」「未然記」など・・・・・・・・・・
カバラ哲学、ヘルメス学、世界宗教や思想、風習、祭事などの中に隠されてきたのです。

ミケランジェロの描いた「最後の審判」にも正確に描写されていますが
天使たちの吹いているラッパの音は遠くにまで届き、沢山の人々が眠りから目覚めます。
あなたの吹いているラッパの音も、誰かに届いているかも・・・・・

太古の昔、へリオポリスの神官らがギザで行なったことは、紀元前10450年頃、
紀元前2500年頃、そして現代。この三つの時代に合わせて、オリオン座の三ツ星を
極めて正確に地上に再現することでした。  「神々の指紋」(下巻)

エメラルド・タブレット曰く・・・・・・「上がそうであるように、下もまたそうであった」

地上▲と天上▼の三ツ星の合一、三回の再現、そして1999年8月のグランドクロス
物質文明▲と精神文明▼を合一させて、人類が忘れてしまったヘキサグラムの再建です。
錬金術の秘宝である賢者の石とは地球=惑星グリッドエネルギーだと考えています。

先人たちの残してくれた秘法、素晴らしい叡智に驚愕しながら感謝していますw
Ku_uu (2009/04/06 3:51 PM)
長文失礼!読み終わりで消してくださいね。
poyo (2009/04/07 6:19 AM)
現代自然や先人の知恵から学び、新しいテクノロジーに生かすことがされていますが、一般に生活している人は、便利な道具などに頼りすぎ、また与えられる情報が多すぎて、工夫したり、想像したりすることがなくなっているように思います。
だから毎日が単調で、つまらなく思えてしまうのかもしれません。
私は色んなものを見て、勉強し、自分なりの考えを持ち、想像を膨らませ、頭を働かせ、自分だけの生き方をしてゆきたいです。
Ku_uu (2009/04/07 2:33 PM)
テクノロジーを悪用し恐怖支配を目論む彼らの計画には、宇宙的動因という重要ファクターが抜けていました(・・時期がくるまで隠されていました)。現代人に聖書や予言書を残した賢人たちは、善と悪を絡めた螺旋構造的な文明の制御方法が、マクロ的な時空間や宇宙、ミクロ的なゲノム構造に順ずることを熟知していたとしか考えられません。08年1月からロッジおよび関係所管に警告を流しはじめましたが、今は内部混乱の時期。もう少し時間がかかりそうです。

次世代は、あなたのイメージしている自然環境エネルギーの活用や、本来、人間の持っている宇宙とつながる精神的エネルギーを有効的に利用するまったく新しい文明が生まれることでしょう。今はその準備段階です「闇のあとに光あり」。楽しみですね。





poyo (2009/04/08 1:28 PM)
まずは皆に自然に感謝する心を取り戻してもらわなければなりません。
古代の人々がそうであったように…
地球で私達が暮らしていけるのは、様々な偶然が重なって今の環境ができたからなのです。
Ku_uu (2009/04/08 10:14 PM)
感謝する心を忘れた人間世界に災害がやってくる・・・・。竹内文書やマヤ神話「ポポル・ヴフ」にも書いてありました。「ポポル・ヴフ」には、「創造主への賛美を忘れた人間たちが大災害にあい、猿に変えられた・・・」という章もあります。過去が未来、未来が過去になるならばヒトラーの予言が成就することになりますね。人類の二極化。すべての人間が感謝する心を取り戻すことができるといいのですが・・・・・
Ku_uu (2009/04/10 1:43 AM)
>>
ワンダラーとは「進化の大周期」の星に移って活動する「星の魂」を持った人の事を指します。ワンダラー達は一人一人違った役目を持ちます。導き役であったり、情報を広めたり、眠っている仲間を起こしたり・・・ また、必要であればデマを流したり、悪役になったりするかもしれません。新たな地球を立て直す、地球再建を手伝う役割を持っています。そのワンダラーたちは、世界各国でその国、その時代にあった方法で活躍しています。そういえば・・・ 一ドル札もワンダラーですね。握手はスフィンクス。HPの更新、楽しみにしてます。失礼しましたー。
poyo (2009/04/10 7:22 AM)
ワンダラーは人間なのですか?
Ku_uu さんは、色んなことを知っているのですね。
どこで勉強したのでしょう?
Ku_uu (2009/04/11 1:00 AM)
アインシュタインは「 常識とは18才までに集めた偏見のコレクションである 」と言いました。わたしはその警句を受け止めながら、世界中の神話や伝説、遺跡、宗教書や各種哲学、錬金術文献から悪魔本まで・・・・調べながら、ある発見をしました。宗教の起源に関する部分と、世界中で発掘された資料の中に一般公開されていない物があるということでした。旧人類と現代人の共存時代や、原人の骨が丁寧に埋葬されていた事実。なぜ?旧人類と現代人が同じ時代に生きていたのか????ダーウィンの進化論を覆してしまうから隠された・・・・だけなのか?

グランドキャニオンは、侵食作用でできたものではありませんでした。あれは地球をプラズマが襲った痕。その時のプラズマは雷の3000倍くらいあったであろうと予測されてます。日本にも宮崎県の大崩山という、プラズマによって破壊されたであろうと思われる山があります。当時、大災害から生き残った人間たちは、プラズマを龍と呼んで崇拝しました。それは数回にわたり地球を襲ったのだと、日本最古の言い伝えに残されています。

生き残った人間たちは、地球に大被害を与えたトーラスプラズマによる電磁波障害が脳にプラスに働いた人々。電磁波障害が脳にマイナスに働いた人々は、現在、博物館に飾られ旧原人と呼ばれている・・・・・・?マヤ神話や世界四大宗教の起源にも繋がるお話です。。。。

ブログのコメント欄を占領してしまい申し訳ありません。m(._.)m
Ku_uu (2009/04/11 1:24 AM)
約30万年前から1万年くらい前まで、地球に生息していたサーベルタイガー(スミロドン)の絶滅に関して面白い発見がありました。サーベルタイガーの巣であろうと考えられる場所には人骨が沢山残されていました。サーベルタイガーの主食は、動きの遅い人間だったのです。当時の人間は、サーベルタイガーからの攻撃を避けるため団体で生活し、知恵を絞って撲滅させました。

現代の人間の脅威は人間ですw、人間の欲望・・・これも知恵を絞って撲滅することができるでしょう。(たぶん)物理的なインフラであるインターネットに、精神的な「集合知」加えて効果的に使った、改善計画の立案、修正、国民会議や議論を通じて、政治を変え、経済システムを変え、未来の世界を創造していく知恵を持ち共有していくことが、破滅に瀕した人類を救うかも知れない。そんな、非常識な考えを持った人たちの集団が生まれようとしています。

あなたもそんな一人ではないかと・・・・?HPを読みながら思っていました。そんな非常識な人たちがワンダラーなのかもしれませんねーw。


Ku_uu (2009/04/11 2:33 AM)
参考資料

http://www.ne.jp/asahi/mm/asakura/nostra/proph_text/Preface.htm

・・・・・・ 隠秘哲学が排斥されている以上、たとえ長い間隠されていた何巻かの文献が私の手許にあったとしても、私はその度の外れた教えを提示したいとは思わなかった。しかし私はそれがもたらすものに憂えて、読んだ後にウルカヌスに捧げたのである。それらが燃え尽きるまでに、空気をなめる炎は自然の炎よりも明るく、あたかも稲妻の輝きのような異常な明るさを放ち、突然に家を照らし、まるで大火災が起こったかのごとくであった。

神秘哲学はかつて一度も拒絶されたことがなかった。しかし、固い信念をもってこれを推薦し強く望まれることもなかった。

本預言書のどれほど多くの分冊が、長い世紀にわたって隠され、日の目を見なかったことだろう。しかし、この本を読んだ後に、まだ疑いを持つ人々は、火山という存在とそれが引き起こす事態、すなわち人々を焼き尽くしていく様子を見るはめになる。大自然の炎は空気をなめ、奇怪なる明かりを生み、非常にまぶしく輝く。さながらそれは館の内部を照らす照明装置、閃光を放つクリスタルガラスの火のようである。しかもそれは国際紛争の大元凶でもあるのだ。打ち上げ花火の誤用などではなく、月も太陽も完全に変形させんばかりの衝撃である。それは灰に変わり、まさに我が預言を成就せんと到来するものである

「ノストラダムスから息子セザールへ宛てた手紙」 より抜粋


・・・・息子セザールを、現代のわたしたちへと置き換えて読まれると面白いです。

Ku_uu (2009/04/11 3:04 AM)

ネット公開するには不適切な部分もあるかと思われますので
読み終わりでコメントを消してください

よろしくお願いしまーす!
poyo (2009/04/11 7:20 AM)
いろんな知識を得て、自分に生かしていけるのは素晴らしいです。
私はただ、見たい、知りたいと思うだけ。
実際には無気力で、自分さえコントロールできないのです。
私は宇宙のダークエネルギーと人間の魂の関係について考えたりするのですが、Ku_uuさんが教えてくれたプラズマの話、興味深いです。
Ku_uu (2009/04/11 3:23 PM)
太陽は、太陽系惑星の自転と公転により生み出される星間プラズマを充電しながら光エネルギーに変換し放出、11年周期で過剰量をフレアとして外部に放電しているのです。核融合によるエネルギー変換理論は過去の遺物です。太陽エネルギーの変換システムは、人間の想念パワーにより制御されています。しかし、人間はそのことを忘れてしまいました。このままいけば、S24極大期のフレア放出量は、地球を含めた惑星に甚大な影響をもたらすでしょう。ヨーロッパの半分と中東、アフリカ、アメリカ東海岸、などはスーパーフレアの影響により甚大な被害を受けると警告されています。

キリストは計画の名前、計画は26000年の周期間で準備され、その都度修正をされ、現在まで伝承されてきた計画、計画のシンボルは十字架(スフィンクス)、イエスは2500年前に現れキリスト計画を修正した使徒。それを救世主伝説にすりかえて世界に布教したのがバチカン。過去、アトランティスの賢者たちは、「二重の言語」を使い、両義的なトラップをかけました。悪魔を崇拝する邪悪な組織が聖書を曲解、悪用し、自分が救世主キリストだと名乗り出てくる人物、その人物はキリスト計画を知らないと自白しているようなものですw。その人物や背後組織に警告を伝え、警告を広める役割を演じさせたのです。伝説のスフィンクスは、「人の頭」と「牛の胴」、「獅子の爪」と「鷲の翼」を持っていると伝えられました。そして、有名な1999年8月、占星学上、「人、牛、獅子、鷲」を司る四つの太陽系惑星が十字に配置するという、平面的なグランドクロスがおこり、太陽を中心とした宇宙的なピラミッドの頂上は宇宙の中心であるセントラル・サンに向かいました。

不死鳥フェニックスはスフィンクスの別名でもあります。1999年8月、金星、太陽、火星、天王星がそれぞれに司る星座に入るもっとも威力がある時期。さらに、この時期に木星と土星は合座相(二つの惑星が重なり合う現象)を形成するという非常に珍しい現象が宇宙空間でおこったのです。同時期に、天上と地上の三ツ星(オリオン)の三度目の合致、太陽系惑星の十字架、宇宙のピラミッド形成、これを合図として文明復興計画は進められてきました。現在の文明が壊滅的被害を被り人類が絶滅の危機に瀕するという前提です。その最悪の時代は2008年1月、太陽がサイクル24に入った時期からはじまり7年間続く試練と準備の時期なのです。警告を伝え、破壊を乗り越え、文明を復興させる・・・・これが世界に分散された真実、長い時間の中で、様々な地域性によって変化していきましたが、宗教として、神話として、現在まで伝承されてきたのです。

この仮説を立証するために、1999年から7年の準備期間を経て、2006年から2008年まで、ある実験が行なわれました。

マヤカレンダーの分析方法にコルマンインデックスという概念があります。、正確な時期の測定は難しいのですが、コルマンインデックスもWebBoとシンクロし、明(Day)と暗(Night)が周期的に交互に訪れる、螺旋構造の時系列進化プログラムの一例です。善と悪の存在、白と黒、陰陽の法則。現象世界は螺旋状の絶対法則下の中にすべてが含まれているのです。
Ku_uu (2009/04/30 12:10 AM)
http://video.google.co.jp/videoplay?docid=2172429313954008035&hl=ja
http://video.google.co.jp/videoplay?docid=-7760134233260750226&hl=ja

そして彼らは現実に目を覚まし、真実を知る人間たちとその力が
彼らの操作する世界を簡単に崩壊させることも知っている・・・・・

‘愛の力‘が‘力の愛‘を超えた時、世界に平和が訪れる

ジミー・ヘンドリックス
Ku_uu (2009/04/30 12:49 AM)
http://hpcgi3.nifty.com/aver021032/nandemo/yybbs.cgi

UHFというHNで遊んでます
poyo (2009/04/30 10:58 AM)
面白い情報を教えてもらえそうですね。
ボヘミアン (2009/05/29 4:12 PM)
3段階の握手ですが、親方の握手のしかたに間違いがあります。
この絵の握手方法はスコテイシュライトの32階級のものです。
記事の訂正をお願いします。
poyo (2009/05/30 10:59 AM)
ありがとうござます。
私が書いたものを見てくれ、間違いを発見してくれる人がいると嬉しいです。
ボヘミアン (2009/10/22 5:25 PM)
とんでもないです!其の様に素直な人が私は好きです。
何故なら、私はメーソンだからです、それも、スコテッシュライトの32だから良く知っております。
巷では、メーソンを悪者の様な誹謗中傷の記事が多過ぎますよね、特に日本人だけですよ、メーソンが陰謀団体だ! 何て思っているのは。
貴殿の記事を関心を持って読んでいます。


poyo (2009/10/23 11:50 PM)
私は建築関係の仕事をしているので、石工職人の話が面白いなと思いました。
職人は自分の技術を後世に伝えようとはしなかったのでしょうか?
GREAT ILLUMINATI ORDER (2019/04/24 4:53 PM)
イルミナティの偉大なる秩序から米国そして世界中への挨拶、これはあなたがあなたの失われた夢を回復することができ、そしてまたあなたが富と幸福の光を見ることができるところでイルミナティの同胞団に加わるオープンな機会です血液を犠牲にすることなく。そして、私たちは65万ドルの合計を支払って、すべての新会員が友愛に加わるときに歓迎し、また彼らが選択した場所と投資のある家を歓迎します。

イルミナティに入会した新しいメンバーにもたらされる利点
1. $ 65万ドルの現金報酬。
2. USD $ 150,000 USDで評価された新しいSleek Dream CAR
あなたの選んだ国で買った夢の家。
世界で最高の5人との約束の月。
世界のリーダーと5人の最も重要な有名人。興味のある方は、前のEメールアドレス= greatilluminate99@gmail.comまでご連絡ください。



注意;あなたが世界のどこからでも参加することができるこのIlluminati兄弟関係インド、トルコ、アフリカ、アメリカ合衆国、マレーシア、
ドバイ、クウェート、イギリス、オーストリア、ドイツ、ヨーロッパ。アジア、オーストラリアなど


ご挨拶TEMPLE ILLUMINATIアメリカ合衆国
GREAT ILLUMINATI ORDER (2019/04/24 6:38 PM)
イルミナティの偉大なる秩序から米国そして世界中への挨拶、これはあなたがあなたの失われた夢を回復することができ、そしてまたあなたが富と幸福の光を見ることができるところでイルミナティの同胞団に加わるオープンな機会です血液を犠牲にすることなく。そして、私たちは65万ドルの合計を支払って、すべての新会員が友愛に加わるときに歓迎し、また彼らが選択した場所と投資のある家を歓迎します。

イルミナティに入会した新しいメンバーにもたらされる利点
1. $ 65万ドルの現金報酬。
2. USD $ 150,000 USDで評価された新しいSleek Dream CAR
あなたの選んだ国で買った夢の家。
世界で最高の5人との約束の月。
世界のリーダーと5人の最も重要な有名人。興味のある方は、前のEメールアドレス= greatilluminate99@gmail.comまでご連絡ください。



注意;あなたが世界のどこからでも参加することができるこのIlluminati兄弟関係インド、トルコ、アフリカ、アメリカ合衆国、マレーシア、
ドバイ、クウェート、イギリス、オーストリア、ドイツ、ヨーロッパ。アジア、オーストラリアなど


ご挨拶TEMPLE ILLUMINATIアメリカ合衆国
ELDER SCOT (2019/05/10 8:53 AM)

イルミナティの偉大な注文からアメリカ合衆国そして世界中への挨拶、これはあなたがあなたの失われた夢を回復することができるところで、そしてまたあなたが富と幸福の光を見ることができるところで血液を犠牲にすることなく。そして私達はまた、50万ドルの合計額を支払い、新会員が友愛関係に加わるにつれて歓迎するようにし、また彼らが選んだ場所や場所に投資をしている家を歓迎します。

新規会員に入会した人にメリットがあります。
1.米ドル50万ドルの現金報酬。
2. USD $ 200,000 USDで評価された新しいSleek Dream CAR
3.あなたが選んだ国で購入した夢の家

注意;あなたは世界のどこからでもイルミナティ兄弟団に加わることができますインド、トルコ、アフリカ、アメリカ、マレーシア、
ドバイ、クウェート、イギリス、オーストリア、ドイツ、ヨーロッパ。アジア、オーストラリアなど

注:あなたが興味を持っているならば私達の電子メールを通して私達に連絡してください:illuminatibrotherhood1987@gmail.com

ご挨拶TEMPLE ILLUMINATEアメリカ合衆国
GREAT ILLUMINATI ORDER (2019/05/16 4:58 PM)
イルミナティの偉大な注文からアメリカ合衆国そして世界中への挨拶、これはあなたがあなたの失われた夢を取り戻すことができる、そしてまたあなたが富と幸福の光を見ることができるところでイルミナティの同胞団に加わるオープンな機会です血液を犠牲にすることなく。そして、私たちは65万ドルの合計を支払って、すべての新会員が友愛に加わるときに歓迎し、また彼らが選択した場所と投資のある家を歓迎します。

イルミナティに入会した新しいメンバーにもたらされる利点
1. $ 65万ドルの現金報酬。
2. USD $ 150,000 USDで評価された新しいSleek Dream CAR
あなたの選んだ国で買った夢の家。
世界で最高の5人との約束の月。
世界のリーダーと5人の最も重要な有名人。興味のある方は、前のEメールアドレス= greatilluminate99@gmail.comまでご連絡ください。



注意;あなたが世界のどこからでも参加することができるこのIlluminati兄弟関係インド、トルコ、アフリカ、アメリカ合衆国、マレーシア、
ドバイ、クウェート、イギリス、オーストリア、ドイツ、ヨーロッパ。アジア、オーストラリアなど


ご挨拶TEMPLE ILLUMINATIアメリカ合衆国
GREAT ILLUMINATI ORDER (2019/05/16 5:09 PM)
イルミナティの偉大な注文からアメリカ合衆国そして世界中への挨拶、これはあなたがあなたの失われた夢を取り戻すことができる、そしてまたあなたが富と幸福の光を見ることができるところでイルミナティの同胞団に加わるオープンな機会です血液を犠牲にすることなく。そして、私たちは65万ドルの合計を支払って、すべての新会員が友愛に加わるときに歓迎し、また彼らが選択した場所と投資のある家を歓迎します。

イルミナティに入会した新しいメンバーにもたらされる利点
1. $ 65万ドルの現金報酬。
2. USD $ 150,000 USDで評価された新しいSleek Dream CAR
あなたの選んだ国で買った夢の家。
世界で最高の5人との約束の月。
世界のリーダーと5人の最も重要な有名人。興味のある方は、前のEメールアドレス= greatilluminate99@gmail.comまでご連絡ください。



注意;あなたが世界のどこからでも参加することができるこのIlluminati兄弟関係インド、トルコ、アフリカ、アメリカ合衆国、マレーシア、
ドバイ、クウェート、イギリス、オーストリア、ドイツ、ヨーロッパ。アジア、オーストラリアなど


ご挨拶TEMPLE ILLUMINATIアメリカ合衆国
GREAT ILLUMINATI ORDER (2019/05/16 5:13 PM)
イルミナティの偉大な注文からアメリカ合衆国そして世界中への挨拶、これはあなたがあなたの失われた夢を取り戻すことができる、そしてまたあなたが富と幸福の光を見ることができるところでイルミナティの同胞団に加わるオープンな機会です血液を犠牲にすることなく。そして、私たちは65万ドルの合計を支払って、すべての新会員が友愛に加わるときに歓迎し、また彼らが選択した場所と投資のある家を歓迎します。

イルミナティに入会した新しいメンバーにもたらされる利点
1. $ 65万ドルの現金報酬。
2. USD $ 150,000 USDで評価された新しいSleek Dream CAR
あなたの選んだ国で買った夢の家。
世界で最高の5人との約束の月。
世界のリーダーと5人の最も重要な有名人。興味のある方は、前のEメールアドレス= greatilluminate99@gmail.comまでご連絡ください。



注意;あなたが世界のどこからでも参加することができるこのIlluminati兄弟関係インド、トルコ、アフリカ、アメリカ合衆国、マレーシア、
ドバイ、クウェート、イギリス、オーストリア、ドイツ、ヨーロッパ。アジア、オーストラリアなど


ご挨拶TEMPLE ILLUMINATIアメリカ合衆国
ILLUMINATI ORDER (2019/07/13 10:47 PM)
イルミネーティの注文から世界中への挨拶、これはイルミナティのBROTHERHOODに参加するオープンチャンスです。 あなたは血を犠牲にせずに富と幸福の光を見ることができます。 興味のある方は、前のEメールアドレス= greatilluminate99@gmail.comまでご連絡ください。

注:あなたの宗教を尊重し、あなたが世界のどこにいても、あなたが会員になることが歓迎されることを親切に知ってください。

あいさつTEMPLE ILLUMINATI NEW WORLD ORDER。
ILLUMINATI ORDER (2019/08/05 6:47 PM)
イルミネーティの注文から世界中へのご挨拶、これはイルミナティの兄弟団、世界中の何百万人もの人々、科学者、世界のスターたち、そして世界を支配する世界のリーダーたちが参加するオープンな機会です。 あなたは血を犠牲にせずに富と幸福の光を見ることができます。 興味のある方は、前のメールアドレスにご連絡ください。greatilluminate99@gmail.com

注意:あなたの宗教を尊重し、あなたが世界のどこにいても、あなたが会員になることが歓迎されるということを親切に知ってください。

あいさつTEMPLE ILLUMINATI NEW WORLD ORDER。
GREAT ILLUMINATI ORDER (2019/08/14 6:49 AM)
グレートイルミナティオーダーから米国および世界中への挨拶。これは、イルミナティオーダーの同胞団に参加する機会です。ここでは、失われた夢を取り戻すことができ、また、富と幸福の光を見ることができます。 血の犠牲。 そして長年にわたり、世界のリーダー、BILLIONAIRES、SCIENTIST、SUPERSTARS、そしてすべての人生の作品があり、あなたの人種、宗教、民族のそれぞれに世界中で歓迎されています。あなたは名誉と富の殿堂へようこそ。
greatilluminate99@gmail.com:私たちのプライベートメールに親切に書いてください

挨拶イルミナティアメリカ合衆国。









url: http://poyoland.jugem.jp/trackback/340