ドキュメント鑑賞☆自然信仰を取り戻せ!

テレビでドキュメントを見るのが好き!
1回見ただけでは忘れてしまいそうなので、ここにメモします。
地球環境を改善し、自然に感謝する心を皆で共有してゆきたいです。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
カスタム検索
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
<< 世界の流行語2011 | main | 暮しに役立つ家電の学校★プリンター >>
暮しに役立つ家電の学校★洗濯機

料理の“さしすせそ”とは、サ=砂糖、シ=塩、ス=酢、セ=醤油、ソ=味噌。
戦前家事にも“さしすせそ”があった。
サ=裁縫、シ=躾け、ス=炊事、セ=洗濯、ソ=掃除。
この言葉が生まれた背景にあるのは、女性は1日中家事に追われているということ。
昔話でも・・・おじいさんは山に芝刈りに、おばあさんは川に選択に・・・
と洗濯はもっぱら女性の役割とされていた。
現在のように洗濯機がない時代、主婦達は手作業で1枚1枚洗っていた。
家事の中でも洗濯はかなりの重労働とされ、毎日洗濯するという習慣もなかった。

1930年、この苦労を解消しようと、芝浦製作所(現在の東芝)が、国産初の電気洗濯機・ソーラーA型を製造。
価格は370円、当時の銀行員初任給の5倍以上の高級品だった。
当時の説明書によると、洗濯容量はおよそ2.7kg(約シーツ4枚分)。
自動化されたといっても、洗いからすすぎにかけては自分で排水して、洗濯槽に水をいれてすすぎを行わねばならなかった。
脱水は上部についたローラーで、洗濯物を絞るという形だった。
今の洗濯機に比べるとかなりうるさい音が出るが、この音が、家に洗濯機があるという証、つまり自慢の音だった。
戦前に発表された電気洗濯機だが、値段が高く一般に普及するのは戦後になってからのこと。

1953年、洗濯機は大きく姿を変えて登場。
噴流式洗濯機・SW-55(三洋電機製)(価格:28500円)
大量生産が可能になり、今までの半値近くで発売。
これまでの洗濯機は撹拌式、洗濯機の中央に羽がついていて、往復運動で水をかき混ぜることにより、汚れを落としていた。
一方噴流式では、洗濯槽の横につけられたパルセーター(回転翼)が回り、水流を起こして汚れを落とす。

大まかな仕組みはモーターが回転するだけ。
構造が単純で安く造れるようになった。
その後パルセーターは底に移動、渦巻き式に。
少ない水で選択可能になった。
これが現在の洗濯機の方式の元となっている。
何ね近くになったといっても依然として高価。
さらに“洗濯は手洗いが一番”という古い価値観も壁となり、なかなか普及しなかった。
そこでメーカーがとった戦略は・・・
洗濯がいかに重労働かをアピール。
当時の宣伝文句は“洗濯は1年まとめると、ゾウ1頭丸洗いするようなものだ。
洗濯はまさに洗多苦だ。”
世の女性に、“年間675kgもの洗濯物を手作業で洗っている”と訴えかけた。
これらの戦略が功を奏し、徐々に洗濯機が家庭に普及し始める。
そして洗濯機は、白黒テレビ、冷蔵庫に並んでついに三種の神器と呼ばれるようになった。

当時の洗濯機、脱水はというと・・・
ローラーを手動でコロコロと回し、衣類を絞るというシンプルなものだった。
圧力でYシャツのボタンが割れてしまうこともあった。
そんな脱水の悩みを解決する新しい洗濯機が登場。

経済成長真っただ中の1960年、日本初の二槽式洗濯機・SW-400(三洋電機)(価格:45000円)が発売。
遠心力による脱水で、衣類を絞る手間がなくなった。
洗濯機にいれて、あとは干すだけ。
洗濯の負担を大きく軽減した。

その便利さによって、1956年の普及率が5.6%だったのに対し、7年後の1963年には51.5%にまで上昇。
洗濯機は爆発的な勢いで普及していった。
二槽式洗濯機には、洗い、すすぎの後、自分で脱水槽にいれるという手間があった。
しかしある洗濯機の登場により、その手間もなくなり、ますます便利になってゆく。

それが1980年代に普及した全自動式洗濯機、その背景には共働き夫婦が増えたこと、さらに生活スタイルが、「何度か着て汚れたから洗う」から、「汚れなくても着たら洗う」に変わっていったことがあげられる。
そして2000年代に入ると、乾燥機能がついた洗濯機が登場し、干す手間さえもなくなった。

【洗濯機の形】
ヨーロッパはドラム型、日本は縦型が主流。
日本は軟水なので、石鹸が泡立つ。
だからたくさんの水(溜め水)で泡立てて洗う。
ヨーロッパは硬水なので泡立たない。
だから濃度の高い洗剤水を作って叩いて汚れを出すので、叩き洗いのドラム型。

【二槽式洗濯機とドラム式洗濯乾燥機にはどのような違いがあるのか】
●東芝製・二槽式洗濯機VH-30S
省スペースのコンパクトボディ。
現在も発売されている。
洗い・すすぎと脱水が分かれているので、使い方によっては時短できる。
例えば汚れの少ないものを洗って、脱水している間に残った洗剤水で次の汚れのきついものを洗う。
仕組みが単純で、直感的に操作できる。(水流切り替えスイッチ強!弱!)
●ドラム式洗濯乾燥機
大幅な節水と、乾燥まで自動で行える。
夜家事する人が多くなってきたため、静音声と低振動が大幅に改善されている。
テミリットは少ない水で洗うので、黒ずみが目立つ場合がある。
タオルなどがゴワつくことがある。それは叩き洗いのため、パイルが寝てしまうため。
解決策は脱水後、干さずに乾燥機能を使う。
または干す前に10回ほどタオルを振ると、寝ていたパイルが起きる。

洗濯機は・・・
どうやって洗剤を入れているのか?
どうやって汚れを落としているのか?
どうやって乾かしているのか?
【東芝ZABOON(最新ドラム式洗濯機)の場合】
スイッチを入れると給水が始まる。
洗濯機の上部にある蛇口とつながった給水弁から入った水は、管を通り洗剤投入ケースへ。
流れ込んだ水は洗剤を溶かしながらドラムに流れ込み回転が始まる。
そして洗いの行程へ。
洗剤と混ざった水がドラムに流れ込み回転が始まる。
単純に回転しているだけではない。
この洗濯機では4パターンの洗い方を実現している。
^疥爐鮖ち上げて落とす叩き洗い
△気蕕砲修譴魘くしたパワフル叩き洗い
0疥爐鯏召して汚れを落とす、もみ洗い
ぐ疥爐鮃げて洗う、遠心洗い
回転の仕方を変えることで、いろいろな汚れに対応しているのだ。

次の行程は濯ぎ。
衣類から洗剤成分を洗い落とす作業。
.轡礇錙実ぎ:水を溜めずに上から水をかけながら濯ぐ。
新しい水を入れ続けるのではなく、循環ポンプで何回も水をくみ上げ衣類を濯ぐ。
その行程を2回繰り返して・・・
⇔め濯ぎ:水を溜めて濯ぐ。
洗剤成分を徹底的に洗い落とす。

次の行程は脱水。
衣類の水分を絞り出す作業。
遠心力で水分を飛ばす。
この時1分間に高速1600回転。
脱水時、ドラムは揺れても洗濯機自体は揺れていない。
それはドラムをサスペンションで支え、揺れを吸収しているから。
最後は乾燥の行程。
ドラム内に暖かい風を送り込んで乾かす。
最近ではヒートポンプ技術が使われている。
これはエアコンの仕組みと同じ。
暖房をつけると空気を乾燥させながら暖まる。
ドラム内にエアコンと同じ乾いた風を送って、水分を飛ばし乾かしている。

【洗濯機の疑問】
Q.水を出したままでもホースが破裂しないのはなぜ?
A.給水弁の部分が蛇口の役割を果たしている。
Q.最新の洗濯機はどうやって洗濯量を量っているのか?
A.最初に衣類をいれるとしばらく回る。
回転時の抵抗力によって量を量っている。
抵抗が大→洗濯量が多い、抵抗が小→洗濯量が少ない
Q.軽いけどかさばる毛布の場合は?
A.計量は何回か行われる。
水位と洗濯量を計算しながら必要な場合はまた注水を行う。
Q.標準モードとスピーディーモードの違いは?
A.標準モードは一番電力のかからない洗い方。
スピードモードは消費電力よりも速さを優先する。
濯ぎの回数を減らすなど、どこかの行程を飛ばすということはない。
Q.一番落としにくい汚れは?
A.口紅、油脂分と染料があるため落ちにくい。
油分は結構落ちる。
Q.洗剤の量は多めの方がよく落ちる?
A.多いとかえって落ちにくくなる。
敵量が大事。
特にドラム式の場合、泡が立ちすぎると叩き洗いの時、泡がクッションになり叩き具合が甘くなってしまう。

【最新式洗濯機の新機能】
■HITACHI ビッッグドラム
ドラムの中に時速約300km/hの高速封を吹き付けることで、衣類のしわを伸ばし、アイロンがけの手間を軽減。
今までの自動選択乾燥機で起こったシワが少なくなり、そのまま着られる優しい仕上がりへ。

■Panasonic NA-VX7100 ななめドラム式洗濯乾燥機
泥汚れセンター、汗汚れセンサー、布量センサー、乾燥センサーの4つのセンサーで無駄を見つけて自動で節電、節水する。
例えば衣類の汚れが少ない場合、水と時間をセーブ。
脱水しやすい衣類が多い場合は脱水時間をセーブ。
乾きやすい衣類が多い場合は消費電力をセーブしている。
■SHARP プラズマクラスター洗濯乾燥機
ハンガードライ機能:洗濯槽内に直接ハンガーを吊るし、乾燥が可能。
シワや乾燥ムラが少なく、短時間で仕上がりアイロンがけがしにくいブラウスなどに効果を発揮してくれる。

■東芝 ドラム式洗濯乾燥機 ZABOON
衣類の偏りによる振動を抑え時間通りに洗濯が終わる。
低騒音、低振動。
振動を抑えるのはアクティブサスペンション:電子制御で状況に応じてバネの硬さを変えられる装置。
新幹線や車などにも利用されている。

| poyo | テクノロジー | comments(2) | trackbacks(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | - |
ファミリー★スラリン (2012/01/19 11:37 AM)
こんにちは、ブログ拝見させていただきました。私もアメーバブログにて家電の学校その他のブログとグルッポと言うコミュニティサークルをUPいたしている者です。(完成度は比べるまでもありません。当方お粗末なものです。)
それで今後も参考にさせていただきたくてコメいたしました。よろしければリンクを貼らせて頂きたいのと、アドバイスを頂けましたら幸いかと...。
今後も宜しくお願いします。
poyo (2012/01/19 8:17 PM)
ファミリー★スラリンさん、コメントありがとうございます。
こちらこそ、よろしくお願いします。
リンク、嬉しいです。
私も名古屋出身です。
ドラキチではありませんが・・・









url: http://poyoland.jugem.jp/trackback/702