ドキュメント鑑賞☆自然信仰を取り戻せ!

テレビでドキュメントを見るのが好き!
1回見ただけでは忘れてしまいそうなので、ここにメモします。
地球環境を改善し、自然に感謝する心を皆で共有してゆきたいです。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
カスタム検索
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
<< 暮しに役立つ家電の学校★洗濯機 | main | Known Univerce 宇宙で宝探し Treasure Hunt >>
暮しに役立つ家電の学校★プリンター

世界初と言われる小型プリンターが誕生したのは1964年、東京オリンピックが開催された年。
登用の魔女と呼ばれた女子バレーボールチームは金メダルを獲得し、マラソン選手のアベベが大会史上初の二連覇を達成した。
この時プリンターは様々な競技で正確に時間を印刷できる機械として誕生した。
プリンティングタイマーは1000分の1秒まで精密に印刷できるので、タイムでもめることがなくなり、世界中から賞賛を浴びた。

開発したのは長野県諏訪市に本社を置く諏訪精工舎(現在のセイコーエプソン)。
その頃オフィスではそろばんに変わる存在として、電子卓上計算機が普及していた。
このことに注目したエプソンは、小型プリンターの開発に着手。
そして4年半の開発期間を経て、1968年世界初の小型軽量デジタルプリンターEP-101を発売した。(幅:約16cm、高さ:約10cm、奥行き:約13cm、重さ:約2.5kg)
従来のプリンターよりはるかに小さく、電池で動く省電力を実現したEP-101は、国内外で注目を浴び大ヒット。
累計販売台数144万台に及んだ。

しかし当時のプリンターは主に電卓の計算結果を印刷するために作られたものであったため、ひらがなや漢字などを印刷することはできなかった。
そんな中今は亡き天才・スティーブ・ジョブズがプリンター業界にある転換期をもたらす。
それは1977年にApple兇鯣売したこと。(ジョブズ当時22歳)
世界で大ヒットとなる。

パーソナルコンピューターApple兇涼太犬如▲灰鵐團紂璽拭爾梁臀芦修進んでゆく。
これを受け日本でも各メーカーが次々とパソコンを発売。
時代の流れを読んだエプソンは、コンピューターの画面を簡単に印刷できる機械を開発。
1980年10月、パーソナルコンピューター用プリンターMP-80を発売した。(9ピンマイクロドットヘッド搭載。)
海外ではMX-80型の名で大ヒットし、EPSONの名を世界に知らしめた。
時代のニーズを捉えたMP-80は国内シェア60%を記録、驚異的な売り上げとなった。
1秒間に80文字を印刷できるなど、機能面でも大きな進化を果たした。

しかしMP-80の段階でも、印刷できたのはアルファベットと数字だけだった。
その後プリンターはパソコンの普及と共にオフィスのみならず、家庭にも浸透してゆく。
日本のプリンターの歴史を語る上で欠かせない家電ワープロ(Word Processor)。
1978年東芝が初めて日本語文章に対応したワードプロセッサーJW-10を開発。
最大8万語の漢字変換が可能。(当時の価格:630万円)

その後ワープロは手軽に日本語文章を作成し、印刷ができる家電として急速に普及。
パソコンをもしのぐ日本語処理能力を持ち、その使いやすさと手ごろな価格帯で販売されたワープロは、即座に一世を風靡する。
しかしワープロの天下が長く続くことはなかった。
1980年代後半になると、パソコンが安く小さくなり、優れた日本語入力機能を持ったパソコンソフトが普及。
そのためワープロは1989年をピークにその出荷台数は減少の一途をたどった。
そしてついに2002年に発売されたワープロが最後となった。

↑SHARP製WD-CP2(10万円)
日本語という複雑な文字文化を持つ日本で大ヒットした家電ワープロは、プリンターの発展に大きな影響を与えた。
1980年代後半に広く普及したワープロ、当時のパソコン用プリンターとは何が違っていたのか?
それは印刷方式。
1980年代多くのパソコン用プリンターが印刷方式に採用していたのがドットインパクト方式。
小さなピンを動かして紙に直接打ち付け印刷。
画数の多い難しい漢字の場合、非常に読みづらいという欠点があった。
一方ワープロが採用していたのは熱転写方式。
インクのついたリボンを熱の力で転写。
ドットインパクト式のプリンターよりも構造がシンプルなので小型、軽量化することも可能だった。
何より美しい文字の印刷が可能だった。

しかしある印刷方式の誕生により、パソコン用プリンターもワープロ並の印刷能力を身に着ける。
それが今なお多くのパーソナルプリンターで採用されているインクジェット方式。
インクを極小の粒にして紙に直接噴射する。
以前から開発されていたが、インクを出す時に目詰まりすることが多かった。
しかし1994年、インクジェットプリンターの進化を実感させるプリンター、MJ-700V2C(エプソン製)が発売された。(98000円)
圧倒的な高画質を武器に、国内外でヒット、カラープリンターの礎を築いた。
印字速度、華麗な文字、コスト削減など、いずれも従来のプリンターよりはるかに優れた機種。
そして何より驚くべきは、フルカラー印刷を実現したこと。
開発秘話「液体を小さな粒にするが、粒が安定して出ない。
ノズルの穴は当時30ミクロンぐらい、髪の毛の3分の1.
今までのプリンターはインクを写すのに機械的に写す。
しかしインクジェットは機械的ではなくインクを飛ばして写す。
当時カラーの画を出すのは計算処理がいる。
パソコン側でもプリンター側でも計算する。
その処理に時間がかかり、A4で画だと1時間近くかかった。」
その後デジカメの登場でプリンターの需要が高まる。
1994年プリンターの年間生産台数は1600万台を突破した。

そして1995年カラリオシリーズが登場。
1996年には歴史に名を残す大ヒット商品PM-700Cが登場。
プロのカメラマンも認める高画質プリント、印刷スピードも向上した。
化け物商品と呼ばれるほど大ヒットし、発売されるやいなや大ベストセラー。
その後70万台を売り上げ、後のインクジェットプリンターの世界を変えたとまで言わしめた。

PM-700Cの登場により、プリンターはパソコンの画面を印刷する機械から、写真を印刷できる機械へと変貌を遂げた。
さらに手で書く年賀状から、印刷する年賀状へと日本の伝統文化にさえも影響を与えた。
その後もオールインワンと呼ばれるコピーやファックス、スキャン機能がつくなど、進化を続けるプリンター。
このようにプリンターはこれからも私達の生活に大きな影響を与える家電となるだろう。
【インクジェットプリンターの仕組み】
モーターの回転により、ヘッド(インクカートリッジを搭載した部分)が移動する。
同時に紙送りローラーが回転し、紙を移動させる。
このヘッドと紙送りの連係動作により、スムーズな印刷が可能になっている。

どうやって高精度なフルカラーを実現しているのか?
インクは基本的にシアン、マゼンタ、イエロー、ブラックの4色に分かれている。
これは色の三原色に基づいている。
例えばイエローとシアンを同じ分量ずつ混ぜ合わせると緑色になる。
マセンタ+シアン=青・・・3色すべて混ぜ合わせると黒になる。
しかし黒は印刷でよく使うため、他のカラーインクとは別に単独のカートリッジになっている。
インクジェットプリンターは混ぜ合わせた色のインクを噴出しているのではなく、1色ずつ細かい粒状のインクを噴出して、紙の上で重なり合って様々な色を再現している。
インクジェットプリンターはインクの重なり方を計算しながら印刷しているのだ。

【プリンター選びのポイント】
値札の見方がポイント。
〆嚢皺鯀度(印刷できる画質の綺麗さ)
数字が大きいほどきれいに印刷できる。
▲ぅ鵐カートリッジ(独立型 OR 一体型)
主に文章を印刷する人は黒インクばかり使うので、一体型より独立型がおすすめ。
プリンターのオプション機能
両面印刷やDVDプリントなどができるかなど、買った後後悔しないよう確認しよう。

■EPSON EP-804A
無線LAN対応
スマートフォンで撮った写真を直接プリントできる
■EPSON PX-101
印刷機能だけのシンプルなプリンター
モノクロ印刷、HPなどのドキュメントの印刷・・・
使っているインクが顔料タイプのインクなので、普通紙に印刷した時にクッキリとした文字の印刷ができる
■CASIO PCP-200 プリン写ル ハガキ専用プリンター
パソコンを使わずにプリンターだけで完結できる
簡単に年賀状を作ることができる

■HP Scitex XP5100
埼玉県飯能市の山中にあるSigh Artec社所有
世界最大級のプリンター
本体:横9m 高さ2m
最大印刷範囲:幅5m 長さ50m
印刷するのは紙ではなく、店先のテントなどにも使われるターポリン(防水加工が施された特殊なビニール素材)

インクは車のガソリンのように、タンクにボトルで注ぎ込む
最大150/時=幅5mなら1時間に30m印刷可能
特殊なインクUV(紫外線)で硬化する
乾かすのではなく、光をあててインクを固まらせる

| poyo | テクノロジー | comments(2) | trackbacks(2) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | - |
kazu (2011/12/12 12:43 PM)
プリンターには毎日お世話になっています
日本企業が重要な技術を開発したようですね
知らなかった
エプソン、キャノン、アメリカではHPが有名ですね
poyo (2011/12/13 8:18 PM)
Kazuさん、毎日お仕事お疲れ様です。
パソコンもプリンターも、ここ数十年の間にずいぶん発展しましたね。
今後、どうなってゆくのだろう?









url: http://poyoland.jugem.jp/trackback/703
バレーボール上達の3法則!
上手くいかないのに同じ練習ばかりしていても意味がありません。まずは適切な身体の動かし方を知り、それを実践するだけで今より格段に上達します。筋トレやたくさんの反復練習は、それが出来るようになってからの方がはるかに効率的なんです。たった3つの事を注意して
| 驚異のバレーボール上達法 | 2011/12/18 9:38 AM |
【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法
【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法
| 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法 | 2012/05/03 6:00 AM |